ハリウッドマジック 究極の特許カツラ

0120-783-571

相談・資料請求・試着体験のご予約フォームへ

カツラの知恵袋カツラの知恵袋

洗い方ひとつでカツラの寿命は大きく変わる

当社は全国のカツラ専門店にもオーダーメイドカツラを卸販売しております。

そんな事情もあり、ハリウッドマジックにはカツラの専門店からも『何とかしてほしい』と日々様々な製品が送られてきます。

これもそのひとつ。まずはこの写真をご覧ください。

反り返ったカツラ1 反り返ったカツラ2

反り返ってカチカチに固まったカツラ

この製品は作ってそれほど間もないものとのことで、いったいどうしてこうなってしまったのか原因もわからず困っているとのことでした。
植毛されている毛は複雑にもつれ、製品のネットはあるべき方向の反対に反り返ってしまい、カチカチに固まっています。
ほとんどのカツラ専門店では、手の施しようはありません。

多くのカツラ専門店なら、この状態になったカツラは修理不能の判定をします。

今回ハリウッドマジックはこの製品をきれいに再生させますが、それはまたのお話。
今回はどうしてこんな状態になってしまったのかについて取り上げてみたいと思います。

カツラを痛める原因は間違った洗い方

こうなってしまったはいくつかあります。いくつかの原因が重なってこのようなことになってしまいました。
主となった原因はカツラの洗い方が間違っていたことです。
本来カツラに植毛された毛は優しく、梳くように洗うのが基本です。
おそらくこの製品の持ち主の方は、指の腹をつかい、強く押し付けてゴシゴシと洗ってしまったものと思われます。ひょっとしたらはじめて購入したカツラだったのかもしれません。

カツラは強く洗うことで、植毛された毛がもつれ、絡み合い、互いに引っ張り合います。

カツラの毛同士が引っ張り合うことで、本来のあるべき方向と逆方向に力が働き、カツラは海老反り状態になり、固まってしまったのです。多少強引に洗っても普通はこんな姿になりません。

話を聞くとほかにも原因がありました。
1.洗う時に毛の絡みを抑制する、スベリの良い洗髪剤(シャンプー、コンディショナー等)を使っていなかったこと。
2.人毛比率が高く、もつれやすい毛種配合となっていたこと。

これらの要因が一度に重なって、このような状態になってしまいました。

洗い方ひとつで寿命が変わる

カツラの洗い方はとても大切です。たとえ作ったばかりのカツラでも、ひとつ間違えば台無しになることもあります。
オーダーメイドのカツラは特に毛種の配合もお客様ごとに違っていることもあり、扱い方に違いがでてきます。
オーダーメイドカツラは決して安いものではありません。
末永く使っていくためにも、正しい洗い方、取り扱い方をしっかりと製造者に聞き、用法を守ってお使いください。

ブログ 一覧へ戻る