ハリウッドマジック 究極の特許カツラ

0120-783-571

相談・資料請求・試着体験のご予約フォームへ

カツラの知恵袋カツラの知恵袋

50歳になったら考えたいロマンスグレーのおしゃれなカツラ

50代のロマンスグレーかつら

はじめて白髪が生え始めたころのこと、みなさんは覚えていますか?

もうずいぶん昔のことですが、私の白髪の生え始めの頃は、白髪を抜いたりハサミで根元から切ったりしていたことをよく覚えています。
10代20代の頃から白髪に悩まされている方もいますし、40代でも髪が黒々とした方もいます。
個人差はありますが、多くの男性の場合30代中頃から白髪が生え始めます。
若いころ、切ったり抜いたり染めたりと白髪はつねに悩みの種でした。

そんな悪者扱いされがちだった白髪も、50歳を過ぎる頃になると事情はガラリと変わってきます。
今日はロマンスグレーという髪質にまつわるお話をお伝えできればと思います。

白髪が疎まれる理由

30代40代の頃、白髪を切ったり抜いたりするのもほんの数年、やがて鏡では見えない場所にも白髪は生え始め、切る抜くでは手入れができなくなります。
すると多くの男性は白髪染めを始めます。
そもそも、どうして白髪を隠そうするのか。
理由はいくつかあります。

・白髪は老化の象徴だから。
・まばらに白髪がまじる頭髪は、手入れが行き届いていない印象を持たれ、あまり清潔に見られないから。
・子育て時においては白髪交じりは老けて見えるので、子供がかわいそうだから。

会社にしろ、プライベートにしろ、白髪は無い方が良い状況がたくさんありました。

ところが50歳になる頃にはそんな状況が少しずつ変わってきます。
この頃、男性の多くは白髪の量もずっと増えているはずです。
白髪染めをしていると本人はなかなか気づきませんが。
頼りなげに白髪が少しあるだけの状態から『ロマンスグレー』と呼ばれる髪質に変化していきます。
この変化の時期、ちょうど50代にさしかかるこの瞬間、白髪に対して考え方をいくつか変える必要があるのです。

少量の白髪は敵でも、ロマンスグレーは武器となる

白髪と黒毛が一定量混じった髪質をロマンスグレーと呼びます。これはオシャレに使えます。
白髪を生かしたヘアースタイルをしている有名人を思い出してみてください。

イチロー、吉川晃司、三浦知良、舘ひろし、高田純次、岩城滉一、柳葉敏郎。

それぞれご活躍の業界で『大御所』と呼ばれる有名人たち。
この方々は髪を染めず、白髪を生かしたヘアースタイルで日々メディアに登場しています。
若々しくない、清潔に見えない等、白髪の悪いイメージはありませんよね。

むしろそのへんの若者よりエネルギッシュで、白髪を染めず自信に溢れる姿は見る者に安心感を与えます。
年齢相応のロマンスグレーの髪、清潔感のある身なりは見るものに自信やプライド、大人の余裕や色気を感じさせます。

50歳を過ぎて不自然なのは黒々としたフサフサの髪

実は、50歳を過ぎて黒々とした頭髪でいるというのは、不自然で目立ってしまいがちです。
これは、あなたが自分の黒々とした頭髪を鏡で見てどう思うかという話ではありません。
別の誰かがあなたの頭髪を見て不自然に感じ『目線が頭部に行ってしまう』ということです。

実はこれ、とても重要なことなんです。

よくある似合わないカツラ

カツラ愛用者のみなさんは、日々変化することのない愛用のカツラ製品を鏡の前で装着しつづけています。
日々変化しないカツラ、それがあたりまえ。
そんな日常に馴れてくると、いつもと変わらない黒々としたカツラに対して安心感を抱くようになります。
いつもと変わらないから疑問を持つ余地もありません。
本来あるべき『加齢で少しずつ変化していくのが自然』ということに気づくことなく、60代、70代になっても30代の頃と同じ、黒々としたボリュームたっぷりのカツラを付け続けてしまうのです。
加齢により白髪が増え、髪のボリューム感も減っていくのが自然な変化です。
50歳を過ぎたら、むしろ地肌が透ける程度まで毛量を減らした方が自然でバレにくいカツラになります。

地肌が透けて見えるカツラ

この変化に合わせて自然にスタイルを変えていくこともカツラの専門技術のひとつ。
私たちハリウッドマジックの技術者やハリウッドマジックの講習を受けた他社の技術者なら、この変化についてしっかり学んでいますから、日ごろのメンテナンスやカットのときに少しずつ変化を促す提案をしています。

本当に似合うの?ロマンスグレーのヘアースタイル

白髪が徐々に増えるのが自然なので、自然でないと逆に人の目を引きバレてしまいかねません。
だから年齢相応の白髪やボリューム感でカツラを製作することがとても重要なのです。

でも、だからといって急に白髪を生かした髪型なんて、本当に自分に似合うのか・・・
と不安に思うかもしれませんがご安心ください!

白髪スタイルが難しいというのはせいぜい40代中頃までの話。まばらに白髪が生えていたから難しかっただけです。
そこそこの白髪量がある50歳以降、実は白髪まじりのオールバック系のショート~ミドルなら、ほとんどの方が驚くほど似合います。
そして毛あしの長い短いで、雰囲気がガラっと変わる変化を楽しむことができます。

50代のロマンスグレーかつら

40後半から50歳に差し掛かる頃、むしろ白髪はヘアースタイルにとって有効な武器、『アクセント』に化けます。
50歳になったらぜひ一度、ロマンスグレーのヘアースタイルに挑戦することをオススメします。

大人こそおしゃれたるべし!

いかがでしたか?おしゃれというのは、決して若者だけのものではなく、ただの自己表現の手段でもありません。
大人のおしゃれとは、身なりに気を配れている心の余裕が表面に出たもの。
大人こそ積極的におしゃれたるべしなのです。

そして年齢相応の白髪や髪の量、じつはみなさんが思っている以上に重要なことです。

ぜひ年齢相応の白髪量、毛量を意識していただきたいと思います。
日々、変わらない自分を鏡でみていると、つい違和感を感じとれずに受け入れてしまいます。
年齢相応というのは、バレないためにもとても重要です。
これは自分だけで判断することがとても難しい。だから技術者とのコミュニケーションが大切になってきます。
気楽に担当の技術者にこう尋ねてください。「いまの自分の製品は、年齢相応の白髪と毛量ですか?」
他社製品をお使いの方にこそ!ぜひオススメしたいと思います。

グレイヘアーで短髪のヘアースタイルは経験豊富な専門店でないとなかなか提案しづらい面があるかもしれません。
けれど、経験も豊富で技術力のあるなカツラ屋なら絶対に、白髪も武器にします!

カツラは隠すことだけに捕らわれがちです。それも正解です。
けれど50歳からは白髪という武器を使って、これまでより1段上の楽しみがあることを知っていただければと思います。

男子50歳からはじめる最適なカツラを提供できるのは、ハリウッドマジックだけ。
1万円からの定額で「完全オーダーメイドかつら+毎月の調髪+メンテナンス」のすべてが利用できるカツラを提供します。
詳しくはコチラをクリックしてください。→ https://www.katsura123.jp/service/support.html

ブログ 一覧へ戻る